内視鏡センター
内視鏡センターでは、より安全な苦痛のない内視鏡検査を心掛け、不安感をできる限り取り除くよう配慮して行っております。さらに、高度な内視鏡技術を提供できるよう、常に最新の機器で対応する努力をしております。
また、検査される方の健康と利便を第一に考え、上部内視鏡検査は完全予約制となっております。
内視鏡センターの特徴
食道胃・十二指腸
食道、胃、十二指腸疾患に対する内視鏡診断と共に、早期胃癌の内視鏡的切除を行っています。
大腸
便潜血検査にて用性反応が出た場合、あるいは血便や腹痛、便がでにくい、便がほそくなったなどの症状が有る場合は、全大腸内視鏡検査を行っています。
経鼻的内視鏡検査(鼻からの上部内視鏡検査)
外径5.9mmの細いスコープが開発され、鼻から胃カメラを挿入することができるようになりました。
口から胃カメラを入れると舌根部(舌の付け根)にスコープがあたり圧迫刺激するので「おえっ」となりますが、鼻から入れるとそれがなく、非常に楽に検査を受けることが出来ます。また、検査中モニターに映し出される自分の胃の映像を見ながら検査医と会話することができます。